ストーリー

クリスマス・イブの夜。クララの家では盛大なパーティーが行われています。

名付け親のドロッセルマイヤーから素敵な「くるみ割り人形」をプレゼントされ、クララは大喜び。

みんなが寝静まった頃、もう一度人形を見るため居間に戻ったクララに、ネズミの王様が襲い掛かります。

気が付くと不思議なことに、クララは人形のように小さくなっていました。

居間の人形達が兵隊となり、ネズミからクララを守ろうと戦います。隊長は、あのくるみ割り人形です。

ネズミの軍勢に襲われるくるみ割り人形を、クララが投げたスリッパが救い、ネズミ達は退散。

力尽きたくるみ割り人形が倒れると、どこからともなく現れたドロッセルマイヤーが、くるみ割り人形を王子に変身させ、クララと二人でお菓子の国へと旅立ちます。


お菓子の国に入った途端、クララはキラキラと輝く金平糖の妖精に姿を変えます。

たくさんのお菓子の精たちが踊り、この国の王と王女として祝福されるクララとくるみ割り王子。

華やかなパーティが終わると、次第にお菓子の国も消え、

ドロッセルマイヤーが優しく微笑む傍らで、クララは目を覚まします。

その腕には、くるみ割り人形がしっかりと抱かれていたのでした。


クリスマスの素敵な夜を描いた「くるみ割り人形」は舞台上で大きくなるクリスマスツリーをはじめ、ネズミと戦う人形たち、きれいな雪の世界やお菓子の国など、視覚的にも年代を問わず楽しめる作品で、初めてバレエ鑑賞する子どもたちにも最適な作品です。

クリスマスの時期になると世界中で公演されている名作を、この街でも沢山の方に観ていただきたいとの思いから、 毎年12月に、「くるみ割り人形」公演を続けております。

今年も皆様のクリスマスが素敵な夜になりますように。

Merry X’mas !

We Love Ballet 実行委員会